クレタ人の踵

AIならびにRobotに関する雑記。 世迷言など。

クレタ人の踵aibo Owner's WEBRINGに参加してます。
【ID:120 所有者:FebruaryMarch
[ 二つ前へもどる | 前へもどる | 次へ | 次の次へ ]
[ 前の5サイトを表示 | 次の5サイトを表示 | ランダムで移動 | リストを表示 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2本足で歩こう[3]

2本足で歩こう[3]
理由なき(二足)歩行


関連
2本足で歩こう[1]
2本足で歩こう[2]

 人間の二足歩行とロボットの二足歩行は異なる制御方式を取っている。もともと持っているリソースが違うのだから当たり前である。人間は人間が歩きやすいように、ロボットは、なるべく見た目がよくてトータルコストが低くなるように歩く。
 これまた当たり前のことで恐縮だが、ロボットは、人間と違って、自分が歩きやすいように歩いているわけではない。そもそも、ロボットには2本足で歩かなければならない理由がない。

人間が二足歩行する理由

 人間の二足歩行は人間の進化の過程で重要な位置を占めている(と一般に考えられている)。手(前足)が自由に使えるようになったというのはやはり大きいし、直立したことにより首から肩の筋肉に対する負担が減り、頭部を重くすることができるようになった。生物学的に見て、知能を高めるには直立歩行することがかなり重要な案件であったのは確かである。
 陸上生活を営む以上、人間としては現在の知能レベル獲得のために二足歩行は必要であった(と思われる)。逆に言うと、知能が発達した現在の人間は、二足歩行しなければならない理由はなくなっている。一例をあげると、現代の日本は車社会であって、移動距離で考えれば、ほとんどの日本人は二足歩行よりも四輪(ないしは二輪)走行のほうがメインの移動形式となっている。人間ですらそうなのだから、ロボットが「絶対に」二足歩行「しなけらばならない」理由を考えるのはかなり無理がある。

山に登るのはそこに山があるから

 現時点で、ロボットの二足歩行は、「技術的に困難だから」という理由と「なんとなくカッコいい」という理由以外に推進動機が無い。しかもこれは人間側の都合であって、ロボット側にいたっては、二足で歩けることによるメリットのようなものはまったくない。
 もちろん、動機としてはこの2つで十分すぎるほど十分、という意見もあって、FMもどちらかと言えばそちらの肩を持ちたい派である。面白ければいいじゃん、というわけなのだ。
まぁ、異論のある方もあるだろうし、受けて立ってもいいわけだが、最初から勝敗の決まっている試合をするのも馬鹿馬鹿しいし、手を抜いて相手を勝たせてやるというのもFM的には「なんだかなぁ」であるので、たぶんこの件で喧嘩を売られても買わないと思う。(始める前から一方的な勝利宣言モードである。夏なのでFMも厨なのだ)。

理由が無いのと欲しいのとは話が別

 じゃあ、「FMとして」二足歩行ロボットにまったく興味がないのかと言えば、そんなことはない。
 興味ありまくりである。
 もともとFMの感心はロボットというよりはAIにある。ロボットのボディはAIのフィジカルターミナルとして必要なのである(FM的には)。諸般の事情で、FMはロボットのハードそのものを造る気がない。ソフトウェア一本で行きたいと思っている(理由については気が向いたら述べる)。
 AI用のフィジカルターミナルとして見た場合、ファンクションとして二足歩行できるかどうかは、実は極めて重要な問題である。二足歩行というのは人間にとってもかなり敷居の高い技能であって、習得するまでに最低でも4~5年かかる難易度Aのスキルなのである。
 こういった難易度が高いのにお手本がそこらへんにゴロゴロしているスキルというのは実は意外に少ない。
 そんなわけで、今後、FMがAIを実装する場合に、二足歩行というのはAIに学ばせたい項目のかなり上位ランクにあるのだ。しかし、いくら学ばせたいと思っても、そもそも物理的に二足歩行出来ないようなボディに対してはソフトウェアだけでどうこうできるシロモノでは絶対にない。
 二足歩行自体はロボットにとってあまり意味のあるものではないのだが、その獲得の過程における情報と物理パラメータの関連付けの一般化を通してAIに賢くなってもらう(もしくは賢くなるAIを造る)というのがFMのやりたいことだ。
 だからFMとしては、早く二足歩行ロボットが売り出されないかなぁ、と夢見ているわけである。

まとめ
 ロボットにはそもそも二足歩行しなければならない理由はない
 人間も最近は歩かなければいけない理由はなくなった
 FMは夢見がちな中年
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://febmarch.blog10.fc2.com/tb.php/26-5dad08a1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。