クレタ人の踵

AIならびにRobotに関する雑記。 世迷言など。

クレタ人の踵aibo Owner's WEBRINGに参加してます。
【ID:120 所有者:FebruaryMarch
[ 二つ前へもどる | 前へもどる | 次へ | 次の次へ ]
[ 前の5サイトを表示 | 次の5サイトを表示 | ランダムで移動 | リストを表示 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QRIOがなかなか発売できない理由を考えてみる[2]

QRIOがなかなか発売できない理由を考えてみる[2]
AIBOとSDRはコアの能力不足で高度なAIを搭載できない

関連
QRIOがなかなか発売できない理由を考えてみる[1]

 QRIOの前身、SDRの段階では高度なAIを搭載する予定はなかったと思われる。
 当時はAIBOが爆発的なブームでイケイケ状態だったからである。
 ようはタイミングの問題なのだが、SDRの開発スピードがほんのわずか速かったら、QRIOみたいなものは発売されていた可能性も十分にある。
 2001年春くらいかな?
 ただ、この段階で発売するとすれば、QRIO=SDRは少々問題を抱えた状態での船出となったはずである。
 FMの言葉ではなく、SONYの開発者たちの言葉をそのままここに引用しよう。曰く。

AIBOもQRIOも結局は飽きる


のである。

AIBOのAIの出来はあまりよろしくなかった

 あー、なんか見出しだけ書いてずいぶんすっきりしたぞ。
 過去(1999年当時)のFMのホームページの読者のみなさんごめんなさい。
 当時、FMはAIBOのダメな点には目をつぶって、必死になって良い点ばかりをとりあげてブームを煽っていたのである。
 わかる人には、わかったと思うが、当時のコンテンツは涙が出るほどむごい。
 それでも、煽らずにはいられなかったのだな、いろんな事情で。
 ただ、ある程度SONYの肩をもっても良いかなと思うことだってある。AIBOのモーション群とOPEN-Rはまあまあの出来で、及第点をあげられるものだった。なにより、あの当時、エンターテインメントロボットを売り出してしまったというSONYのおっちょこちょいさ加減は賞賛に値する、と今でも思っている。
 だが、トップレベルのAI(とか言ってた部分)はダメダメだった。他の部分が比較的まともだった分、ダメさ度合いに落胆した。
 AIBOWareなんか解析しなければ良かった。心底、そう思った。予想が悪い意味で全部当たっていたから。
 それでも、煽った、必死になって煽った、自分をごまかして煽った。
 なんでそんなことをしたのかと言えば、ある意味、AIBOは当時のFMにとって唯一の希望だったのだ。AIBOはロクでもないものだが、まかり間違ってブームになったら、それに便乗して「ほんもの」のロボットが登場するかもしれない。

 登場しませんでしたけどね。

 でも、SONYを恨んではいません。SONYはSDRを売らなかったし、QRIOはいまだに発売されていないのだから、その事実こそがSONYの開発者の良心だと思う。
 だいたい、FMが煽ったぐらいで、どうにかなるものじゃないでしょう、普通に考えたら。

で、結局、どうにもならなかったわけだが

 SDRの当初の計画では、トップレベルのビヘイビアマネージャー(?)にAIBOWareに毛が生えた程度のものを搭載する予定だったのだと思う。何よりSDRコアの能力から考えて、それ以上の能力を持ったAIを搭載することにはかなり無理があるのだ。
OPEN-Rアーキテクチャー自体は野心的なものだし、評価できるものだと思う。なによりQRIOの公表されている機能で目ぼしいものは、すべてOPEN-R上で実装されているのである。QRIOは滑らかな動きで2足歩行する。路面適応制御も歩行跳躍走行運動統合制御も転倒運動制御も外力適応制御も、全てOPEN-Rで実装されている。OPEN-Rは無限の可能性なんか秘めてはいないが、現時点でエンターテインメントロボットのソフトウェアを開発する場合、唯一無二の選択肢である。
 これだけの機能を持ったOPEN-Rアーキテクチャーにもかかわらず、SDRのコアに搭載されているメイン制御チップはMIPS由来で、20年前のワークステーション級の処理能力しかない。OPEN-R上で高度な動的制御を行った上に、高度なAIプログラムを載せられるだけの余裕などあるわけがないのだ。

AIBOは本当に飽きるのか?

 AIBOは飽きる、と言っても、これは開発者側の意見であって、ユーザー評価とは若干異なる場合も考えられる。
 一時期の熱狂的なブームは去ったとは言え、まだAIBOコミュニティは健在であり、何台ものAIBOを所有している強者オーナーもいる。
 彼らはAIBOには飽きなかったのだろうか? もし彼らがAIBOに飽きなかったのならQRIOにだってチャンスがあるとは考えられないだろうか?
 
 いま、「たまごっち」がちょっとしたブームになっている。第二次ブームらしい。FMの娘もはまっていて、いろいろとお世話をしているようである。
 「たまごっち」とAIBOはちょっと似たところがあって、ときどき比較されたりする。前のブームのときは近くに持っている人がいなかったので、あまり観察できなかったが、今回は興味深くウォッチしている。
 「たまごっち」を観察しているわけではない。「たまごっち」にはまっている「娘」を観察しているのだ。
 すると、少し面白いことがわかった。もちろん彼女は「たまごっち」が好きでいろいろお世話をしているのだが、同時に友人たちと「たまごっち」の情報をあれこれ交換しているのである。「たまごっち」そのものもそこそこ楽しいらしいが、彼女と彼女の友人たちとの共通の話題としてかかせないものになっているらしい。
 これに似た話はどこにでもある。犬を飼っている人は犬の話題で集まるし、商談の合間にゴルフの話題で賑わったり、野球、車、パソコン...例をあげればきりがない。
 AIBOコミュニティもこれに若干似たところがある。あるいは、彼らもAIBOそのものにはもう飽きているのかもしれない。しかし、AIBOを介して知り合った友人というのは失くすに忍びない。いろいろと連絡を取り合いながら、やはりAIBO談義に花をさかせるわけである。
 QRIOだって似たようなことは可能ではないか? まぁ他者との共通の話題にするだけではQRIOである必然性がないというのは弱いところだが、とにもかくにも、QRIOコミュニティみたいな感じでやっていけば、そこそこはいけそうである。
 多少AIに傷があっても、「馬鹿な子ほどカワイイ」みたいなことを言っていれば、みんななんとなく納得してくれる。高価なので所有者は少ないだろうが、この手のコミュニティは「持っていなくてもQRIOが好きなら可」みたいなところがあるので、あまり問題にならないだろう。
 そんなこんなでQRIOと過ごしつつ、ふと我に返ってQRIOに尋ねてみるのである。
 「君は私のことをどう思ってるの?」
 QRIOは答えない。
 なにも考えていないから

QRIOとAIBOの違い

 ことここに至って、QRIOとオーナーの関係は破綻してしまう。AIBOのメタファーは犬なので、まぁ、人間に興味がなくてもしょうがないか、くらいで終わってしまうのだが、QRIOのメタファーは人間だ。自分に興味のない人間に長く関わっていられるほど、普通の人間はタフではない。ここに違和感が生じてしまうのがQRIOの最大の弱点なのだ。QRIOを介して他の人間とコミュニケートを取ったとしても、QRIOのメタファーのためにQRIO自身がそのコミュニケーションの枠の中に入ってきてしまう。そしてQRIOのAIの貧弱さによりコミュニケーション自体が崩壊する。
 こうなるともう大変である。なまじQRIOが高価な分、可愛さあまって憎さは百倍、何を言ったところでリアクションもまともにとれないQRIOへの苛立ちが、製造元へむかうのは火を見るより明らかである。
 SONYがここまで考えているとは、正直、思えないが、QRIOのメタファーが人間であることと、QRIOのコミュニケーション能力が圧倒的に低いことのギャップは、一般の想像以上に厳しい。実際問題として、QRIOのコミュニケーション能力の低さというのは相対的なもので、現存するあらゆるAIプログラムは「ある特殊な状況下でないかぎり」人間に対し十分なコミュニケーション能力を有しない。QRIOを責めるのは、ある意味、お門違いであって、「たかが2足歩行しているだけで何でそこまで言われなければならないの?」とQRIOの代弁を引き受けたいくらいである。

 必要は発明の母、愛(AI)がなければ作ってしまえ、と考えたのかどうかは知らないが、ここで心(MINDy)の登場である。「ロボットは心を持つか?」などというテーマは、テーマ自体が近未来の範疇ではナンセンス。しかし、誤解で生じる愛もないわけではない。
 とりあえず決定的な違和感を生じない程度のAIは必須だ。それがMINDYに課せられた使命であって、それ以上のものではない。QRIOは無線LAN機能を持っているので、研究段階では外部の強力なCPUパワーを借りてくることもできる。製品版ではコアの大幅な機能向上が必要であるにしてもだ。
 そして、コアの設計をやり直すとなると、ちょっとやそっとの時間ではすまないことになる。
 そんなわけで、QRIOはなかなか発売に踏み切れないのではないか、などとFMは勝手に考えているわけである。

まとめ
FMは頼まれもしないのに自分の都合で太鼓持ちを買ってでることがある。
たまごっちは面白い(らしい)。
貢いだのに相手にしてくれないからといって危害を加えてはいけない
愛はかげろう。
スポンサーサイト

コメント

本題には触れないコメントを・・・

娘さんの年齢的なものもあるようですが、たまごっちの第二次ブームを取り上げるなんて、FMさんらしい。
今はNintendogがホットらしいよ。持ってないので詳細は不明だけど。ある意味、新たまごっちと、ものすごく異なる存在ではない。(aiboと比べるよりはまし。友人や、お店に行って通信したりするところが似ている気がする)

やばい。書いていると本題に入りそうなので、今日のところはこのへんで。

  • 2005/05/13(金) 11:14:57 |
  • URL |
  • 人形つかい #JalddpaA
  • [ 編集]

育てゲーは

中身が透けて見えるので、自分ではやらない(できない)ですねぇ。
娘は真剣にやってますので、ちと羨ましい気もします。
任天犬は、ソフトどころかハードもない(笑)。
任天犬も新たまごっちも、ポケモンをかなり参考にしてると思います。
携帯なのでこのへんで失礼。
P.S.
肩慣らしも済んだので、今度の土日でMINDYいくよー。

  • 2005/05/13(金) 17:41:34 |
  • URL |
  • FebruaryMarch #lu7ekm1I
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://febmarch.blog10.fc2.com/tb.php/3-50e3a3fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。